img_02

今回はまつげ美容液の口コミの特集

化粧品業界は経済が不安定な世界経済にあって不況に強い業界ということができます。
これはほとんどすべての女性にとって化粧品は生活必需品となっているからです。


そしてこれらは最近より機能性や話題性に富んだものが市場が各メーカーから投入されており市場はより一層活性化しているのです。化粧品は主に3つのカテゴリーに分けることができ、さらに5つの主な流通形態で消費者に届けられています。

まず種類については、スキンケア製品とメイクアップ製品そしてアクセサリーになります。

スキンケアは化粧水や美容液そして乳液やクリームなどといった肌の調子を整えるものとなります。2つ目はメイクアップ製品ですがこれは主に顔の目元や口元などポイントに焦点がおかれるもので、マスカラやアイシャドウそして口紅などが代表的なものになります。


種類の最後はアクセサリーですがこれは使用用途に応じて非常に様々です。まつげをカールするためのビューラーであったり化粧ブラシなどのメイクを行うためのツールであるものから、最近非常に人気が高まっているつけまつげなど身につけて使用するものなどで構成されているのです。
このように通常化粧品という場合これらのもので構成されているのです。

次にこれら化粧品が消費者に届けられるための流通形態ですが、まず一つ目は百貨店での販売になります。


これらの化粧品は百貨店の中でブティックを設置しているところが多く美容部員が常駐してカウンセリング販売を行っています。次にスーパーやドラッグストアでの販売です。

これらの化粧品は百貨店でのそれと比べ価格がリーズナブルなものが多く日用品として販売されています。

3つ目は美容院などのヘアサロンでの販売となり、ヘアケア製品と共にヘアサロンの店頭に並んで販売されています。

4つ目の形態は通信販売です。この流通形態は化粧品においては長い歴史を持っており根強い人気を誇る販売形態ですが。
最後はここ数年に急速に人気を高めているインターネットを活用したオンライン販売です。